筑波大学体育系ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター

NEWS

★2/17(月) ARIHHPヒューマン・ハイ・パフォーマンスフォーラム2020 開催 プレスカンファ/ 公募研究者講演 [*タイムテーブル追加]

ARIHHPでは、研究と教育の成果を広く発信し、また国内外の多分野の研究者と学際的な議論を重ね、情報交換をする場として毎年度末に国際学術フォーラムとして、ARIHHPサイエンスウィークを開催しております。

 

これまでに、

2/16(日) 13:00-17:30ARIHHP一般公開講座 https://www.arihhp.taiiku.tsukuba.ac.jp/news/20200123/

2/17(月) 14:30-18:00 ARIHHP International Forum2020 https://www.arihhp.taiiku.tsukuba.ac.jp/news/20200204/

についてご案内いたしましたが、

今回は、第3弾のお知らせをいたします。

 

ARIHHP Human High Performance International Forum2020

<第1部>

プレスカンファレンス

「東京オリパラとその先に向けたスポーツサイエンスの挑戦」

メディア関係者(放送局、新聞社、大学広報)の特別講演及びARIHHPの最新研究成果報告・記者会見

 

<第2部>

ヒューマン・ハイ・パフォーマンスCollaborative Researchシンポジウム

ARIHHP公募型研究プロジェクト採択者講演

 

[日時]  2020 年 2月 17日(月) 9:00~14:10 (8:30受付開始)

*ランチ&ポスターセッション:11:30〜13:00

 

[場所] 筑波大学総合研究棟D 116

(「筑波大学西」バス停徒歩5分/「カスミ筑波大学店」すぐ北側) *駐車場のご案内も順次更新いたします。

 

[参加申し込み] 事前登録は、下記フォームから2/13(木)までに登録をお願いいたします。

 

https://forms.gle/cLmXuqRJgAZ1cb3L8

(2/17(月) 14:30からの国際フォーラムと共通フォームです)

 

[内容] *詳細なタイムテーブルなどは順次更新いたしますのでご確認ください。

<第1部>

プレスカンファレンス  「東京オリパラとその先に向けたスポーツサイエンスの挑戦」

[1] 特別講演「メディアとスポーツ、オリパライヤー・ポストオリパラにおけるスポーツサイエンスへの期待」

■メディア関係者①放送局

NHK水戸放送局 局長 中原常雄

NHK制作局 副部長/解説委員 竹内哲哉

 

■メディア関係者②活字媒体

読売新聞 編集局医療部 部長 館林牧子

 

■メディア関係者③大学広報

筑波大学広報室 教授 筑波大学新聞編集代表 サイエンスコミュニケーター 鴨志田公男

 

[2] ARIHHP最新研究成果報告

① 心部門 若手研究者(松井崇 、岡本正洋、諏訪部和也、越智元太、雨宮怜)

② 体部門 若手研究者(藤井直人  他)

③ 技部門 若手研究者(洪 性賛 )

質疑応答(記者会見)

 

<第2部>

ヒューマン・ハイ・パフォーマンスCollaborative Researchシンポジウム    

ARIHHP公募型研究プロジェクト採択者講演

①井上 恒志郎 北海道医療大学・全学教育推進センター/リハビリテーション科学部 講師

「記憶の固定化を増強する運動強度と神経回路の探索」

 

②松下 明 茨城県立医療大学保健医療学部附属病院 講師

「機能的MRIによる運動中の脳活動解析法の構築」

 

③樽味 孝 産業技術総合研究所 人間情報研究部門 主任研究員

「若年男性における高強度有酸素性運動トレーニングが近位大動脈に及ぼす影響 -MRIを用いた検討-」

 

④鍋倉 賢治 筑波大学体育系 教授/青栁 篤 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 博士後期課程3年

「トライアスロンランにおける適正ペースの探索的研究」

 

⑤村井 昭彦  産業技術総合研究所 人間拡張研究センター 主任研究員

「マルチモーダルな運動計測環境の開発と人間拡張技術への展開」

 

 

クリックするとPDFが開きます↓

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP

HOME

NEWS