筑波大学体育系ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター

NEWS

★2/16(日) ARIHHP一般公開講座「スポーツと先端科学の協奏:トレーニング革命2020」開催 [*タイムテーブル追加]

ARIHHPでは、研究と教育の成果を広く発信し、また国内外の多分野の研究者と学際的な議論を重ね、情報交換をする場として毎年度末に国際学術フォーラムを開催しております。

オリパライヤーの今年、ARIHHPサイエンスウィーク期間中(2/16-17)の2月16日(日)に、センター設立初の一般公開講座を開催することになりました。是非お誘い合せの上、ご参加ください!

ARIHHP一般公開講座 オリンピック・パラリンピックの年に考える

「スポーツと先端科学の協奏:トレーニング革命2020

持久力を高める「高強度インターバルトレーニング」の科学的検証により 「タバタトレーニング」を提唱した先生方をお招きし、箱根駅伝に26年ぶりの出場を果たした筑波大学の駅伝監督らと共に、オリンピック・パラリンピックを今夏に控えた今、最先端科学に基づいたトレーニング革命について考えます。

 

[日時]  2020 年 2月 16日(日)13:00~17:30 (12:00受付開始)

[場所] 筑波大学総合研究棟D 116

(「筑波大学西」バス停徒歩5分/「カスミ筑波大学店」すぐ北側) *駐車場のご案内も順次更新いたします。

[対象] 中学生以上、どなたでも

[定員] 先着150名

[参加費] 無料

[参加申し込み] 事前登録が必要です。下記フォームから2/13(木)までに登録をお願いいたします。

https://forms.gle/rZv8trHjUEhwbkwaA

 

[内容] *詳細なタイムテーブルなどは順次更新いたしますのでご確認ください。

特別講演:「高強度インターバルトレーニングの科学」

田畑 泉  教授 (立命館大学)タバタトレーニングの提唱者

入澤 孝一 教授 (高崎健康福祉大学/元スピードスケートナショナルチーム ヘッドコーチ)

 

筑波大学・鹿屋体育大学の先端的トレーニングと科学的選手サポート

「26年ぶり箱根駅伝出場」

弘山 勉 監督 (筑波大学陸上競技部 男子駅伝監督)

栄養サポート 麻見 直美 准教授 (筑波大学 体育系ARIHHP)

心理サポート 雨宮 怜 特任助教 (筑波大学 体育系ARIHHP)

「水泳部の先端的トレーニング・パラスイマーのサポート」

高木 英樹 教授 (筑波大学 体育系ARIHHP)

「鹿屋体育大学の取組: 低酸素環境における高強度トレーニングの効果」

荻田 太 教授 (鹿屋体育大学)

 

 

クリックするとPDFが開きます↓

 

ポスターを掲示いただける場合には、A2ポスターを郵送いたしますのでお問い合わせください。office@arihhp.tsukuba.ac.jp

場所によって適切でないと判断させていただき送付できない場合もございます。

 

PAGE TOP

HOME

NEWS