筑波大学体育系ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター

筑波大学体育系ARIHHP受託研究 スポーツ研究イノベーション拠点形成プロジェクト(SRIP)

筑波大学体育系ARIHHPは2015年12月、スポーツ庁設置後初の大型事業「SRIP」の推進拠点に採択されました。
2020年東京オリンピック・パラリンピック、並びにそれ以降の日本の国際競技力向上に貢献することを目指し、
国立スポーツ科学センター(JISS)や国内外の異分野研究機関などとの産学連携を通じて、スポーツ研究イノベーション拠点を形成します。

  • SRIPとは
  • 研究
  • 若手研究者育成
  • JISSとの連携
  • 問い合わせ

SRIPとは

スポーツ庁委託事業「スポーツ研究イノベーション拠点形成プロジェクト:Sports Research Innovation Project(SRIP)」は、2020年東京オリンピック・パラリンピック、並びにそれ以降の日本の国際競技力向上に貢献することを目指し、国立スポーツ科学センター(JISS)や国内外の異分野研究機関等との連携を通じてスポーツ研究イノベーション拠点を形成するプロジェクトです。

筑波大学体育系ARIHHPでは、この事業を通じて運動・栄養・休養の総合的融合による次世代型トレーニング/コンディショニング策を競技スポーツ現場に実装することを目指しながら、次世代の中核を担う優秀な若手スポーツ研究者を育成します。

アスリートのポテンシャルの最大発揮など具体的課題の解決のために、アウトカムベースで革新的な研究・開発を推進し、その成果を実践フィールドに実装することを使命とした多分野連携型、並びに集学的な共同研究プロジェクトを、以下の3点に分けて事業内容を紹介します。

筑波大学SRIPのロゴマーク
筑波山及び豊かな自然環境の造形とオーソドックスなローマン体のフォントでつくばらしさと信頼感を表現しました。

独創的で革新的な研究

以下の2課題について、競技力の最大化を実現する科学的手法を開発・社会実装化するアウトカムベースの革新的な研究・開発を目指します。

〈先端脳科学を駆使した次世代集中力対策〉

最近の知見は、「運動」・「栄養」・「休養」が調節因子を共有して協調していることを示しています。
先端脳科学を駆使しパフォーマンス向上に繋がる道筋を明らかにし、効果的な具体策を示すことで、コンディショニング法を開発・提供します。

〈3大学連携によるパラリンピアン強化対策〉

2020年東京パラリンピック大会以降も持続的に活用できる国際モデルとして、
「強化」「医科学研究」「指導者育成」「キャリア形成」の好循環システムの構築を目指しています。

平成26年4月、つくばエリア3大学による連携協定を既に締結し、筑波大学病院との連携で共同プロジェクトが発足。
研究で得られた科学的技術を生かし、健康基盤を維持しながら高いレベルでトレーニングまで系統的に遂行できる有機的環境整備が進んでいます。

つくばエリア3大学による連携協定(平成26年4月〜)
・茨城県立医療大学
・筑波技術大学
・筑波大学

本事業では、つくばエリア3大学による連携と医学、工学、環境科学(建築、都市工学を含む)など異領域連携を基盤としてパラリンピアンをサポートする先端的研究を実施します。

若手研究者育成

多様な専門性を持った最先端の研究者がチームを組んで推進する研究・実践プロジェクトであるTOPプロジェクト (Tsukuba Optimum Performance for Olympic and Paralympic Project) に、研究員・RA・大学院生からなる若手研究者が主体的に参画するPBR (Problem Based Research:課題解決研究)および最先端研究者との集中的な討論(ディベート合宿)を基礎とする研究の推進を育成プログラムの中核として、卓越した課題解決能力を有し、最先端研究の成果をスポーツフィールドに実装できる博士人材を輩出します。

さらに、学外との研究機関との連携に関して、筑波大学附属病院(スポーツ医学・健康科学センター)・筑波技術大学・茨城県立医療大学・国立スポーツ科学センターなどの医学・障害学・スポーツ科学の専門機関と共同研究・教育プロジェクトを推進します。TOPプロジェクトの推進を通して、定期的な研究者の交流と密接な関係機関の連携を強化することで、若手研究者の育成に留まらず、アスリートのパフォーマンスの最大化を実現できる研究教育拠点を形成することを目的としています。

JISSとの連携

JISS(Japan Institute of Sports Sciences:国立スポーツ科学センター)は、充実した最新施設、器具・機材を活用し、各分野の研究者、医師等の専門家集団が連携しあって我が国の国際競技力向上を支援するスポーツ医・科学研究の中枢機関です。

JISSホームページ >>

独創的で革新的な研究での連携

日本の一流アスリートについての多様な観点から集めたデータの蓄積があるJISSと連携し、競技現場における問題を共有し研究を推進します。

若手人材養成プログラムでの連携

研究者、学生相互交流による連携の強化を図ります。

問い合わせ

筑波大学体育系ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター
〒305-8574 茨城県つくば市天王台1-1-1
TEL: 029-853-6325/2671
Email: office@ARIHHP.taiiku.tsukuba.ac.jp

PAGE TOP

HOME

NEWS