筑波大学体育系ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター

ARIHHPの教育 〜次世代健康スポーツ科学学位プログラム〜

ARIHHPは、独自の最先端研究と産学官連携を基盤として博士後期課程の大学院教育に資するため、「次世代健康スポーツ科学学位プログラム」を体育科学専攻と連携して設置しています。「学位プログラム」では、学問分野を基盤とした従来の「専攻」に替わる教育組織で、育成目標人材に応じた柔軟な教育課程を構成できるのが特徴です。
本学位プログラムは、「HHP:人々の心身のポテンシャルの最適化」を実現する基盤技術の開発・応用を通じて、人と社会の活力低下などの社会的問題の解決に貢献し、最先端研究における「独創的研究推進能力」及び実践フィールドにおける「協働的課題解決能力」を有する次世代研究者としての博士人材を養成することを目指しています。
PBR(課題解決研究)を基本とした学際的、実践的、国際的教育カリキュラムと領域を超えた教員チームによる研究教育支援体制が整備されています。

大学院生としてARIHHPで研究したい方へ

ARIHHPに大学院生として進学志望の方は、ホームページより希望する研究室の教員へお問い合わせのうえ、研究活動、指導状況、将来の進路等について気軽に相談して下さい。ARIHHPの教員は、筑波大学大学院人間総合科学研究科における以下の専攻担当として教育研究にあたっています。

【博士後期課程】
体育科学専攻 次世代健康スポーツ科学学位プログラム
体育科学専攻 一般プログラム
【3年制博士課程】
コーチング学専攻
スポーツ医学専攻
ヒューマン・ケア科学専攻
大学体育スポーツ高度化共同専攻
【博士前期課程】
体育学専攻

ARIHHPの授業風景

次世代健康スポーツ科学学位プログラムでは、従来科学に存在した3つの壁(基礎/応用の壁、分野の壁、言語の壁)を乗り越える次世代型博士人材の育成を目指し、 専門的な研究指導の他に、以下のような次世代型授業を展開しています。

出張型授業「プロジェクトローテション

プロジェクトローテーション(1年次必修)では、大学外の社会で健康スポーツ科学がどう活かされているのかについて、学校、地域、企業等をキーワードに実際に現 場に出向いて学びます。
写真は、:ブラインドサッカー東日本リーグ、中:株式会社モルテン(広島県)、:国立スポーツ科学センター(JISS)(東京都)で行われた授業の様子です。

合宿型授業「国際ディベート合宿」

国際ディベート合宿(1or2年次必修)では、国内外の健康スポーツ科学トップ研究者とともに、合宿形式で講義、プレゼン、議論、実技等を行います。それらの活動 を通じて、次世代型博士に要求される専門性、学際性、国際性を身に付けます。写真は柔道の総本山・講道館(東京都文京区)での授業の様子です。

参加型授業「国際フォーラム」「プロジェクトフォーラム」

国際フォーラムおよびプロジェクトフォーラム(ともに1or2年次必修)では、日頃の研究や実践活動の成果を年度末に学内で開催される国際研究フォーラムで原則的 に英語による発表を行います。フォーラムの運営にも携わることで、マネジメント力を身に付けます。

PAGE TOP

HOME

NEWS