筑波大学体育系ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター

NEWS

征矢教授が筑波大学附属駒場高校で講義を行いました

12月7日(月) に筑波大学附属駒場高等学校の高校2年生を対象とした授業(保健体育課題研究ポスト2020)において、センター長の征矢英昭教授が招待講師として高校生の身心コンディショニングについて講義しました。

 

高校生の中でも特に大学受験期は、座位時間が増え身体活動量が激減する傾向があります。講義では、日々の生活における快適気分の重要性についてお話し、何気ない軽運動が脳を活性化し、気分や認知機能を高めること、自身で自身をコンディショニングしながら部活の大会や大学受験などのストレスに打ち勝てる身心を保つことが大事であることを講義されました。

 

実際に、10分間のスローエアロビック(征矢教授の開発した音楽を交えた軽運動)を楽しんでもらい、その前後に気分尺度を計測することで「イキイキした」「活気にあふれた」などの気分が運動後に高まることを実感していただきました。

 

今後は、受験期を含む高校生の身心コンディショニング法確立を目指して、JST未来創造事業「快適生活をマネジメントする脳フィットネス戦略(代表:征矢)の一貫として筑波大学附属駒場高等学校と共に研究を行っていく予定です。 筑波大学駒場高等学校HPでも紹介していただきました(下記URL)。

https://www.komaba-s.tsukuba.ac.jp/news/%e3%82%88%e3%82%8a%e3%82%88%e3%81%84%e3%83%91%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%92%e8%80%83%e3%81%88%e3%82%8b%ef%bc%9a%e4%bf%9d%e5%81%a5%e4%bd%93%e8%82%b2%e8%aa%b2%e9%a1%8c/

 

PAGE TOP

HOME

NEWS