筑波大学体育系ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター

NEWS

★岡本助教、征矢教授らの研究 Translational Psychiatryに掲載

岡本正洋助教、征矢英昭教授らは、Bruce S. McEwen教授(The Rockefeller University)、Ana C. Pereira 助教(Icahn School of Medicine at Mount Sinai)らとの共同研究により、Riluzole(リルゾール:グルタミン酸による過剰興奮毒性を抑える)にはアルツハイマー病(AD)に見られるβアミロイドの蓄積や認知機能の低下を抑制する作用があることを明らかにし、その研究成果がTranslational Psychiatry に掲載されました。

Riluzole reduces amyloid beta pathology, improves memory, and restores gene expression changes in a transgenic mouse model of early-onset Alzheimer’s disease

PAGE TOP

HOME

NEWS