共同利用・共同研究拠点

国立大学法人 筑波大学 体育系

ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター

NEWS

★SRIPで継続サポート 五輪メダリスト梶原選手が表敬訪問

我々が継続的なサポートを行い、東京2020オリンピックの自転車競技女子オムニアムで銀メダルを獲得した梶原悠未氏(筑波大大学院)が、成果報告と継続的なサポートのために、8月20日に筑波大学ヒューマン・ハイ・パフォーマンス先端研究センター(ARIHHP)を訪れました。

 

梶原氏には、本センターで展開中のスポーツ庁受託事業「スポーツ研究イノベーション拠点形成プロジェクト(SRIP)」における、毛髪を利用したストレスマネジメントや睡眠計測、加えて本センターの研究施設である環境制御室でのトレーニング機会の提供など、様々なサポートを実施してきました。

 

梶原氏によれば、やはり五輪は格別で、高い緊張状態でどう自らをコントロールするかが重要でしたが、大学・大学院において得てきた体育・スポーツ科学に関する多くの知識を主体的に活用することによって、最高のコンディションで競技に臨むことができたとのことです。

 

既に3年後のパリ五輪を見据えた梶原選手。さらなる活躍を期待しています。

 

https://www.tsukuba.ac.jp/news/20210808120000.html

 

毛髪を利用したストレスマネジメントの測定時の様子

PAGE TOP

HOME

NEWS