公募について

HHP

SRIP

NEWS

2017年3月14日
★【イベント】3月17日(金)第23回HHPセミナー開催

Human High Performance セミナー
Heat exposure and the prevention of cardiovascular disease
– 心血管疾患の予防法としての暑熱療法 –
 
【日時】3月17日(金)16:00-18:00
【会場】筑波大学5C606
【発表者】Dr. Daniel Gagnon (University of Montreal)
【世話人】西保岳
参加費無料
※学外の方は事前の申込みが必要です︓
メール:humanhighperformance@gmail.com
 
繰り返しの暑熱暴露( 暑熱順化)によって、暑熱下での運動パフォーマンスが向上するが、これには、体温調節反応を含めた体の様々な機能が向上することによる。
このセミナーでは、暑熱順化に心血管機能を向上させる効果があり、心血管疾患の予防法として用いることができるという新たな知見を、体温調節の分野の若手研究者であるGagnon 博士に紹介していただきます。
 
poster

2017年3月10日
★【お知らせ】浅井教授が3月12日(11日深夜)東京TV「FOOT×BRAIN」に出演します

東京TV 3月12日(日) 01:15〜01:40(11日深夜)
FOOT×BRAIN【サッカーを科学する!年代別最適トレーニング指南】
 
「サッカーを科学から考える」というテーマで、どの年代でどんなトレーニングをするべきか、ARIHHPの浅井武教授(専門:スポーツ科学・流体工学)が論理的に説明します。
是非ご覧ください!!
 
番組サイトへ>>
 
【番組内容】
科学とコラボレーション!筑波大学でコーチング学や肉体科学などを専門に研究、蹴球部顧問も務める浅井武教授をスタジオに招き、おもに「どの時期にどこを鍛えるべきか」をテーマに、育成についてとことん考えます!
簡単にいえば何歳までにどこを鍛えればいいのか?そんな疑問に教授が答えます!逆に「この時期にここを伸ばせなければ、一生後悔することになる!?」といったことも…
お子さんのサッカー人生を左右するかも!?
 
出演者
【司会】勝村政信、皆藤愛子
【ゲスト】浅井武(筑波大学教授)
【解説】北澤豪(元日本代表)
【ゲスト解説】松原良香(アトランタ五輪代表)

2017年2月28日
★【イベント】3月7-8日 ARIHHPフォーラム2017開催のお知らせ

ARIHHPヒューマン・ハイ・パフォーマンスフォーラム 2017開催のお知らせ
 
ARIHHPサイエンスウィーク(2/27-3/8)にて2/27(月)に行われました「頭脳循環GISN国際フォーラム」に引き続き、以下の二つのイベントが開催されます。
 
① 3/7(火) ARIHHP Human High Performance International Forum 2017 “Sport Science for Olympic and Paralimpic Games”
「Sport Science for Olympic and Paralympic Games」をテーマに、トップアスリートを対象とした多角的なパフォーマンス向上研究に精通したRicardo J. Fernandes先生 (ポルトガル・ポルト大学)、パラリンピアンにおける暑熱研究の第一人者Vicky Tolfrey先生(英国・ラフバラ大学)をはじめとする国内外の先進的スポーツ科学研究者を招聘し、オリンピック・パラリンピックに向けた競技力向上のためのスポーツ科学について学際的に議論します。
 
② 3/8(水) ARIHHP ヒューマン・ハイ・パフォーマンスフォーラム 2017 ー意欲とパフォーマンスー
国内連携機関から集まったコンディショニングの専門家による講義に加え、今回は「意欲とパフォーマンス」というテーマでパネルディスカッションを行います。
また、ARIHHPの公募研究者によるシンポジウム及びポスターセッションを開催します。
 
両日とも参加費無料。
ポスターセッションでは自由に昼食をとりながら、是非議論を深めてください。
奮ってご参加ください。
 
当日参加も可能ですが、
資料準備の関係上、下記の内容を事前に申し込み頂けますと幸いです。
【お名前(日本語・英語)】
【ご所属】
【メールアドレス】
【ご参加日程】7日・8日・両日
 
ご参加申し込み先:ARIHHP事務局 体育系URA 小倉かさね ogura.kasane.gp@u.tsukuba.ac.jp


 

2017年2月21日
★【ARIHHPの研究】洪助教が第26回日本MRS年次大会 奨励賞を受賞しました

洪性賛助教(スポーツ科学・コーチング学・流体工学)が、2016年12月19日~22日まで横浜で行われた「第26回日本MRS年次大会」で、”Aerodynamic characteristics of new design soccer balls”という題目で口頭発表を行いました。
ディンプル形の新サッカーボールの空力特性について、サッカーボールにおける表面のディンプル形状の効果を世界で初めて究明しました。
2017年2月1日行った日本MRS表彰委員会の審査の結果、奨励賞(Award for Encouragement of Research in Materials Science; The Materials Research Society of Japan)を受賞しました。
 

2017年2月20日
★【イベント】頭脳循環(Global Initiative for Sports Neuroscience:GISN)フォーラム2017が開催されます


 
2017.2.27(月)に頭脳循環(Global Initiative for Sports Neuroscience:GISN)フォーラム2017が開催されます。 海外の国際研究拠点から先生方をお招きし、共同研究の成果発表やご講演をしていただきます。 参加費は無料です。是非ご参加ください!
 
日時:2017年2月27日(月)9:00~17:00
場所:筑波大学5C棟216教室
 
また、フォーラムの後に懇親会を開催します!
懇親会会場:木曽路 (懇親会会場公式Webサイト)
参加費:4500円+飲み物代
 
フォーラム・懇親会の参加申し込みやお問い合わせは以下のメールアドレスまでお願いいたします。
GINS2017.application@gmail.com (GINS2017事務局 高橋)
 
>>GISNサイトへ
>>頭脳循環フォーラムのお知らせ(征矢研究室)
 

University of Tsukuba

PAGE TOP

HOME